モテる男になるために

モテない20代を過ごしてきたあなたが、30代になり突然モテることはありえません。モテる男になるための3つのポイントをお伝えしましょう。

モテる男

モテる男は自分のウリを知っています

投稿日:

1,199 views

 

あなたの強みは何ですか?

女性が喜ぶような、あなたのウリは何ですか?

モテる男

若さや美貌を女性に求める

女性が男性に、年収やら学歴やら身長やらを求めるように、

男性は女性に、年齢やら美貌やら癒しやらを求めます。

 

いいと思います。

理想を高く持って、素敵なパートナーを見つけにいくのは良いと思います。

 

ただですね、

先日、朝の情報番組で「高齢婚活」の特集をやっていて、そこに出ていた60代の男性が

「一緒に楽しく余生を過ごせて、最期は看取ってほしいので、10歳くらい下の女性と結婚したい」

なんてことをシラッと言っておりました。

 

いいんですよ。

10歳下の女性を求めて婚活をするのは、とてもワクワクして良いことと思います。

若い女性と一緒に楽しい時間を過ごしたいんですよね。

最後を看取って欲しいんですよね。

そういった理想を持つのも、おおいに結構です。

 

が、

 

一つだけ考えてください。

その男性は、若い女性と一緒に楽しい時間を過ごせたり、最期を看取ってもらえそうという安心感が手に入ったりという、大きなメリットがあります。

ただ、

お相手の女性には、どんな良いことがあるのでしょうか?

 

あなたが提供できること

まっすぐお伝えすると、

あなたがお相手に理想を求めるのは自由ですが、あなたはお相手に何を提供できますか?

ということです。

 

10歳下の女性が、60過ぎのおじさんと一緒に過ごす時間にどんな良いことがあり、そのおじさんのおむつを替えることにどんな良いことがあるのでしょうか?

それが具体的に無いまま「10歳下の女性とワイワイしたい、最期の面倒見てほしい」って言うのは、

お金持ってないけど、すき家の牛丼食べたい

とか

野球やったことないけど、イチロー選手と対戦したい

とかいうのと同じで、

あなたには思いっきりメリットがありますが、相手には何にもメリットなくない?

場合によっては、お相手はデメリットしかないくない?

ということなのです。

 

女性に、若さや美しさや癒しを求めるのは大いに結構です。

ただ、その分、

あなたが女性に提供できることは何ですか?

あなたといることで、女性はどんなメリットがありますか?

若くて美しい女性が熱狂するような、あなたのウリはなんですか?

ここを明確にしないと、あなたの求めているものは手に入らないでしょう。

 

自分のウリとは?

「自分には、分かりやすいウリなんてない」

そんな風に思う方もいるでしょう。

でもそんなことはありません。

あなたは、あなた自身のウリに気付いていないだけです。

というかむしろ、自分のウリや強みを正確に把握している人の方が少ないと思います。

前の記事で「自分のウリの見つけ方」というのがありますので、こちらはぜひ参考にしてください。

 

自分のウリを把握する。

そのウリを喜ぶ女性は、どんな女性なのかを考える。

どこに行けば、その女性と出会えるのか調査し出かける。

その中から、あなたの理想に近い女性を見つける。

見つけたら、その女性をモノにする。

 

過去何度もお伝えしておりますが(「モテる男になるために出会いの場に慣れる」

「モテる男」というのは、

不特定多数の女性にチヤホヤされる男性ではなく、

狙った女性をモノにできる男性のことです。

 

理想の女性をモノにする

あなたのウリを見つけるのに、こんなヒントもあります。

この本には、

「成功を収めたすべての人に共通するのは、自分の才能とその活かし方を知っていること。

それがわかれば、欠点さえ強みになる。

さあ、あなたの眠れる強みは何か。」

こんなキャッチコピーが付いています。

 

理想は頑張れば叶うのではなく、自分の強みを知って、その強みを活かすように行動すれば理想は叶う、という話。

本編の最後に「ストレングスファインダー」というのが付いてて、自分の強みは何かという分析ができるようになっています。

僕もやってみましたが、見事に大当たり(^_^;)

「着想」「戦略性」「慎重さ」「回復志向」「ポジティブ」という、自分の強みを分析されました。(詳しい解説は本に記載されています)

要するに、

行きあたりばったりで進むより、ちょっと慎重に戦略たてて進んだ方が良いよ。

僕の分析は、人を納得させるだけの力はあるよ。

ということ。

なので、女性を口説く時は「ウェーイ」みたいなテンションで行くよりも、相手の話をじっくり聞いてから、「僕と一緒にいるメリット」みたいなのをネチネチと理詰めにしていくような方法がベストと(笑)

そういった理論的な分析を好むような女性を、狙っていくと良さそうということです。

 

強みを発見し、それをどうやって表現するかが分かると、あなたのウリが上手に女性に伝わります。

この本では、その強みをバッチリ当ててくれます。さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

(「ストレングスファインダー」は、1冊ごとにパスワードが付いていて、一度使うと二度とそのパスワードは使えません。つまり、この本は絶対中古で買っちゃダメということ。・・・ウマい方法だ・・・)

 

「目立った自分のウリがわからない」

「得意だと思っていることはあるが、それが確かなのか調べてみたい」

「自分の強みを活かして、自信をもって女性にアプローチしたい」

そんな男性は、ぜひ読んでみてください!!

 

さぁ、自分のウリを見つけて表現し、理想の女性をモノにしましょう!!

モテる男は自分のウリを知っています。

 

 

 

 

 

クリックして頂けると励みになります!

The following two tabs change content below.
アバター
1971年 東京都国分寺市生まれ。 大手メンズエステサロンでのマネージャー業務を14年、その後独立し結婚相談所Repre(リプレ)を開業して4年。 モテない男性の傾向を把握し、モテる男性に変化をさせていくプロフェッショナルとして、18年のキャリアを積んできました。 そんな僕から『今までモテなかったあなたが、モテるあなたに変わるための3つのポイント』をお伝えします。

-モテる男

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

モテる男

モテる男はたくさんの言葉を知っている

  モテる男を目指すなら、たくさんの本を読みましょう。 作詞家の阿久悠さんは、こんな言葉を残しています。 たくさんの言葉を持っていると、自分の思うことを充分に伝えられます たくさんの言葉を持 …

モテる男

モテる男は「○○○○」という言葉を使わない

  やらなければできないという、あたりまえの理屈。 やらないことが多いと、できないことが多くなるという、あたりまえの理屈。 心理学系の文献に、よくこんなことが書いてあります。 できないんじゃ …

モテる男

女性のテンションをあげる、モテる男のデート術

  よくお父さんが「家族サービス」って言葉を使いますよね。 あれ、やめる習慣を今のうちからしておいた方が良いですよ。 出会ったばかりの女性をデートに誘いだした時、 あなただけが楽しむプランで …

モテる男

モテる男とモテない男の決定的な違い

  モテる男とモテない男の、決定的な違いをご存知でしょうか? モテる男とモテない男の違い どんな男にも、モテる部分とモテない部分は必ずあります。 ならばなぜ、モテる男とモテない男がいるのでし …

モテる男

モテる男は、女性に好かれるオシャレをしている

  オシャレに気を使っていますか? 身なりに気を使っていますか? センスのあるなしとか、興味のあるなしじゃなくて、気を使っていますか? オシャレじゃない男 オシャレしていますか? というか、 …

30代で童貞に悩むあなたをサポート

image1110


よく読まれている記事

よく読まれている記事

最近のコメント

最近のコメント

月別アーカイブ

月別アーカイブ

カテゴリー一覧

カテゴリー一覧